Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起

同庁は、被害防止のために5種類の対策を挙げた。

そのひとつは、「心当たりのないSMSを開かない」こと。金融機関が問い合わせにSMSを用いることはないと指摘。受け取った場合は、金融機関へ直接問い合わせるよう求めた。

くわえて、あらかじめ金融機関のウェブサイトなどで、事前にフィッシング攻撃の注意喚起に関する情報などを確認しておくことを挙げている。

また事前に登録したブックマークから金融機関のサイトへアクセスし、表示されたサイトのURLを確認することや、最新のセキュリティ対策ソフトを活用することなどを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」