Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2024年1Qのオンライン銀不正送金、被害額が大幅減

2024年第1四半期は、オンラインバンキングにおいて約11億6100万円の不正送金が発生した。前四半期から半減している。

全国銀行協会が、会員189行を対象に2024年1月から3月にかけて発生した不正送金被害の状況を調査し、結果を取りまとめたもの。預金者本人以外が不正に送金し、振込先から金銭が引き出されて返還できなかったケースを集計している。

被害件数は、個人と法人あわせて915件だった。前四半期の961件を下回り、件数ベースで4.8%減少となっている。

一方被害額を見ると、前四半期の約23億4200万円から約11億6100万円と半減した。1件あたりの被害額を見ても、約244万円だった前四半期から約127万円へと大幅に縮小している。

被害の内訳を見ると、個人における被害が900件、約11億4100万円で、従来同様大半を占める。前四半期の958件、約23億1900万円から、件数ベース、金額ベースいずれも改善しており、特に被害額が大きく減少した。1件あたりの平均被害額は約127万円。前四半期の約242万円を大幅に下回っている。

20240701_zg_001.jpg
オンラインバンキングにおける不正送金の被害推移(グラフ:全銀協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2024/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を