Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立

日立製作所は、「制御システム向けセキュリティ監視・分析支援サービス」を発表した。2020年1月より提供開始の予定。

同サービスは、制御システムのサイバー攻撃に対し、監視や分析、インシデント対応まで24時間体制でサポートするサービス。

具体的には、マルウェアの侵入やアラートなどをログにより監視。アラート発行時にはログを調査してインシデントを絞り込むサービスをフルタイムで提供する。

さらにインシデントによって被害を受けた機器のシステム情報や、マルウェアの検体情報を分析するほか、分析結果から推定できる原因や影響範囲をレポートする。必要に応じてオンサイトによる対応も可能。

外部ネットワークに接続することを想定していない制御システムに対しても、ログを用いてオフラインで診断やインシデント対応などを行うメニューも用意している。

(Security NEXT - 2019/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
OTネットワークのリスク可視化サービス
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機