Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド

トレンドマイクロは、大規模な制御システム環境において、ネットワーク経由の攻撃を防御する「EdgeIPS Pro」を11月9日より順次提供開始する。

同製品は、脆弱性の悪用を防ぐIPS/IDS機能やネットワークプロトコルを監視し、プロトコルや機器、命令の内容からアクセスを制御できるアプライアンス製品。

今回発売する「EdgeIPS Pro 1048」「EdgeIPS Pro 2096」は、従来より提供している「EdgeIPS」の上位製品にあたり、大規模環境に対応する。

「EdgeIPS Pro 1048」では、IOモジュールを拡張することで24台の制御機器を接続することが可能。さらに「同2096」では、IOモジュール4台を実装することで48台まで接続できる。いずれもポートの配下にネットワークスイッチを配置することで接続台数を拡張できる。

(Security NEXT - 2020/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
OTネットワークのリスク可視化サービス
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業