Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド

トレンドマイクロは、制御システム向けにエンドポイント対策製品「TXOne StellarProtect」を5月24日より販売開始する。

同製品は、インターネットへ接続する「製造実行システム(MES)」や「開発ワークステーション(EWS)」など、OT環境の産業用PC向けに開発したセキュリティ対策ソフトウェア。

産業用アプリケーションのリストと証明書情報をデータベースとして保有。データベースにないプログラムに対してのみ、読み込みや書き込み時に検知エンジンによるスキャンを実行することで端末の負荷を抑えたという。

また登録済みのアプリケーションが、不正なライブラリファイルを読み込む「DLLインジェクション」や「DLLプリロード」などを防ぐため、ファイルやレジストリの変更をブロックする機能を搭載。

さらに無許可であるUSBデバイスの使用を制限する機能や、「PsExec」や「PowerShell」の使用状況を学習し、正規のオペレーションと異なる方法で実行されることを防止する機能なども備えている。

101から1000ライセンスを導入した場合の市場予想価格は、1ライセンスあたり5500円/年(税別)。

(Security NEXT - 2021/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード