Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開

東芝と米Peraton Labsは、模擬攻撃により重要インフラの産業制御システムにおける脆弱性を評価できるツール「Automated Attack Path Planning and Validation(A2P2V)」を開発した。

同ツールは、発電所や工場、水道、交通、ビル施設などの社会インフラで稼働する制御システムに対し、サイバー攻撃のシナリオをもとに模擬的に攻撃を行うことで脆弱性を評価できるペネトレーションテストツール。

制御システムのシステム構成データと、一般に公開されている攻撃技術を組みあわせ、制御システムに対するサイバー攻撃のシナリオを自動で生成することが可能。模擬攻撃により脅威の影響を明らかにすることで、対策の優先順位付けが可能になるとしている。

両社は、すでにサンプルプログラムをApache License 2.0のオープンソースとしてGitHubに公開しており、Black Hat USA 2021にて発表する予定。今後はオープンソース化をはじめ、セキュリティコミュニティや関連団体との連携を積極的に進めていくという。

(Security NEXT - 2021/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

外部委託先などを対象としたセキュリティデューデリサービス
「改訂新版セキュリティエンジニアの教科書」が発売 - 日本シーサート協議会
ラック、生成AIシステム特有のセキュリティ問題を診断するサービス
「Zabbix」の延長サポートサービスを開始 - サイバートラスト
IT資産を調査、リスクを評価できるASMサービス - SST
アズジェント、攻撃対象領域の分析サービス - 1回限定で無償提供
特定社会基盤事業者や周辺事業者向けのリスク対策支援サービス
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
生成AIに擬似攻撃、リスクを評価するサービス - NRIセキュア
自社開発エンジンによる「ASMツール」を提供 - GMOサイバーセキュリティ