Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス

東芝ITサービスは、マイクロソフトの制御システム向けのセキュリティプラットフォーム「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供開始した。

同サービスは、IoTやOT環境にあるデバイスの検出や脆弱性管理、脅威の検出機能などを備えるプラットフォーム「Azure Defender for IoT」を対象としたリモート監視サービス。

フルタイムでセキュリティイベントを監視し、事前に設定した内容に基づいて検知したセキュリティイベントについて必要な情報のみフィルタリングし、分類した上で日本語によりレポート。

また重要度別の検知件数、日別の件数推移、月別件数推移、補足説明、イベント対応履歴などを参照できる月次報告機能もあわせて提供する。

(Security NEXT - 2021/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月