Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡

Kasperskyは、2018年にワールドワイドで同社が調査依頼を受けたインシデントの動向を取りまとめた。ランサムウェアをはじめ、実際に被害が表面化してから調査依頼を受けたものが5割超を占めている。

同社によると、インシデント調査の依頼は、ロシアや旧ソ連地域の国家で構成されるCIS地域が48%を占めており、南米が19%、ヨーロッパが16%で続いた。

さらに中東が6%、米国、アジア太平洋地域、アフリカがそれぞれ3%となっている。調査を実施したおもな業種を見ると、33%が金融機関で、30%が行政機関、22%が製造業だった。

同社によれば、同社が調査を行った44%は、ネットワーク内で疑わしい活動やファイルを発見するなど初期段階に依頼されていた。

一方、約56%については、ランサムウェアによる暗号化、不正送金の発生、DoS攻撃など、実際に被害が確認されたあとに依頼されたものだったという。

20191004_ka_001.jpg
調査内容の内訳(グラフ:Kaspersky)

(Security NEXT - 2019/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

初心者向けに脆弱性対策セミナーを開催 - IPA
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
実践サイバー演習「CYDER」が追加開催 - NICT
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響