Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加

2018年度におけるプライバシーマーク付与事業者の個人情報に関する事故は2323件だった。日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が取りまとめたもので、「メール誤送信」がもっとも多かった。

プライバシーマーク制度の運営要領に基づき、2018年度中にプライバシーマーク付与事業者から同協会へ報告があった個人情報に関する事故について取りまとめたもの。

同年度は、付与事業者の5.6%にあたる912の付与事業者から2323件の事故報告が寄せられた。付与事業者の5.8%にあたる911事業者から2399件の報告を受けた前年度と比較すると事業者数以外は微減となっている。

事故原因を見ると、書類送付時の「宛名間違い」「封入ミス」「配達ミス」や「メール誤送信」「ファックス誤送信」などをくわえた「誤送付」が1345件で最多。全体の57.9%を占める。次いで「紛失」が478件、「盗難」が36件だった。

20190925_ji_001.jpg
事故件数の推移(グラフ:JIPDEC)

(Security NEXT - 2019/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数