Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるさと納税者宛メールに個人情報を誤って添付 - 松山市

愛媛県松山市は、ふるさと納税の納税者にメールを送る際、誤って納税者の個人情報が記載されたファイルを添付したことを明らかにした。

同市によれば、9月6日14時前にふるさと納税の使い道を納税者に報告する1970件のメールを送信したが、寄付者1人の氏名と住所が記載されたファイルを誤って添付していた。

メール送信前に、添付されているファイルの内容を確認していなかった。同市では、メールの受信者に対して、ファイルを削除するよう依頼するメールを送信した。

(Security NEXT - 2019/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

府内市町村への制度案内メールに誤って職員人事関連情報 - 大阪府
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
顧客向け案内メールに顧客リストを誤添付 - ボルボ
個人情報記載済みの申込書をメールに誤添付 - 鎌倉市
顧客宛てメールに顧客情報ファイルを誤添付 - リゾートトラスト
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
メルマガに誤って登録会員のメアドを添付 - NEDO
都民の住宅ローン情報含むファイルを誤送信 - 東京都
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
自治体担当者の個人情報含むファイルをメールで誤送信 - 総務省