Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるさと納税者宛メールに個人情報を誤って添付 - 松山市

愛媛県松山市は、ふるさと納税の寄付者にメールを送る際、誤って寄付者の個人情報が記載されたファイルを添付したことを明らかにした。

同市によれば、9月6日14時前にふるさと納税の使い道を寄付者に報告する1970件のメールを送信したが、寄付者1人の氏名と住所が記載されたファイルを誤って添付していた。

メール送信前に、添付されているファイルの内容を確認していなかった。同市では、メールの受信者に対して、ファイルを削除するよう依頼するメールを送信した。

(Security NEXT - 2019/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
学生の個人情報を学生向けサイトで誤配信 - ルーテル学院大
給与情報など3社にメールで誤送信 - 香川県農業試験場
履修案内メールに誤って3年生全員分の成績表 - 宝塚大