Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加

トレンドマイクロは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター」シリーズの新版を9月5日より提供開始する。

最新版では、不正サイトを分析、評価する新機能を追加。リストに存在しないサイトついて、サイトの設置期間や登録者情報、URLの文字列、HTMLコードなどを機械学習データをもとに分析。不正なサイトと判定した場合はアクセスを遮断する。

また「Windows」や「Mac」で「Gmail」など特定のウェブメールサービス利用時に、不正なファイルやURLが含まれない詐欺メールに対して文章の特徴について機械学習したデータをもとに解析し、判定するブラウザ用ツールバーを用意した。

不正アプリ対策は備えていないが、不正サイトのブロック機能やセキュリティチェック機能などを提供しているiOS版では、iOSのメッセージフィルタリング機能との連携により、不正サイトのURLが含まれるSMSを迷惑フォルダに振り分けることが可能となっている。

価格は、ダウンロード版の1年版が5200円から。「ウイルスバスター モバイル」のダウンロード版の1年版が2838円から。いずれも税別。同社は今後1年間に1800万ユーザーの獲得を目指して製品を展開していくとしている。

(Security NEXT - 2019/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能