Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware、Carbon Blackの買収で合意

VMwareは、エンドポイント向けセキュリティ製品を展開するCarbon Blackを約21億ドルで買収すると発表した。

Carbon Blackについて1株あたり26ドル、約21億ドルで買収することで両社が合意したもの。手続きは2020年1月までに完了する予定。買収後は、VMwareの独立したセキュリティビジネスユニットととなる。

Carbon Blackは、買収後も顧客に対して既存の契約を維持する方針を明らかにしており、製品戦略やロードマップ、カスタマーサポートなどに影響はないと説明。一方でVMwareやDellを通じて製品を提供することで販売を強化していく。

一方VMwareでは、同社セキュリティ製品やコンテキスト内のデータを把握できる同社技術と、ビッグデータや機械学習によりこれらを解析する技術を持つCarbon Blackの技術を活用。クラウドやアプリケーション向けのセキュリティラットフォームを提供したいとしている。

(Security NEXT - 2019/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威と対策のギャップ評価プラットフォームを展開するVerodinを買収 - FireEye
ココン、クロスワープのセキュリティ部門を取得
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
チェック・ポイント、Dome9を買収 - クラウドセキュリティを強化
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
米McAfee、「CASB」のSkyhigh Networksを買収
Akamai、セキュリティ機能備えたDNSを展開する米Nominumを買収
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
2017年に設立される新生「McAfee」のロゴが初披露 - テーマは業界連携
SonicWallがDell傘下より独立 - パートナー戦略を強化