Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表

インターネットの最新テクノロジーを体験できるIT総合イベント「Interop Tokyo 2022」が千葉県の幕張メッセで開幕した。

2021年に続きハイブリッド開催となった今回。新型コロナウイルス感染症の影響を受けつつも、ワクチン接種も進み、コロナ下以前とまではいかないまでも賑わいを取り戻しつつある。

久々のリアルイベントであり、出展企業も展示やデモンストレーションに力が入る。数年先に実用化するであろう最新技術を先駆けて実装したネットワーク環境「ShowNet」も例年と同じくその注目度は高く、見学ツアーも人気だ。

初日となる15日には、学術界の有識者やメディア関係者が選出した「Best of Show Award」が発表された。同賞では従来に見られなかった技術やコンセプトはもちろん、デモンストレーションなども評価のポイントとなっている。

セキュリティ部門では7製品が受賞。アズジェントよりエントリーされた「Check Point Quantum Lightspeed」がグランプリを獲得した。セキュリティアプライアンス製品において、NVIDIA製の「SmartNIC」をあらたに採用。2Uのコンパクトな筐体で1台あたり最大800Gbpsを実現しつつレイテンシーを抑えた。

(Security NEXT - 2022/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査