Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMO、イエラエを子会社化 - 半数の発行株式を約92億円で取得

GMOインターネットは、サイバーセキュリティ事業を展開するイエラエセキュリティを子会社化し、サイバーセキュリティ事業に参入する。

同社発行株式の50%にあたる110万8638株を既存株主より取得し、子会社化するもの。取得価額は約92億6200万円。1月24日に契約を締結しており、株式取得日は2月28日を予定している。

イエラエの技術力が、同社の経営や技術、ブランド力においてシナジーを見込めると判断した。買収後のあらたな社名は「GMOサイバーセキュリティ byイエラエ」となる見込み。

買収後は「GMOサイバーセキュリティセンター」を社内に設置。イエラエの技術力と人材を活かして、グループ全体の技術力や人材育成の向上を推進。低価格で質の高いセキュリティサービスの開発や提供を目指すという。

(Security NEXT - 2022/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
サービス終了した「Visionalist」のタグ、約800サイトに残存 - 一時水飲み場攻撃と同じスクリプトも配信
サービス終えた「ログ解析サービス」のドメインを第三者が取得 - タグの除去徹底を
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
NEC子会社、法執行機関向け機密情報管理ソフトの開発会社を買収
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見