Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応

トレンドマイクロは、SaaS型メールセキュリティゲートウェイサービス「Trend Micro Email Security」を提供開始した。

同サービスは、メール経由でマルウェアへ感染させる攻撃や、スパムメールへの対策を提供するSaaS型のメールセキュリティゲートウェイ。従来より提供する「Trend Micro Hosted Email Security」の機能強化版にあたる。

パターンマッチングや振る舞い検知、サンドボックス、機械学習で生成したエンジンによる検知に対応。サンドボックスは、従来の添付ファイルにくわえ、メールの本文や「Word」「Excel」形式の添付ファイルに記載されたURLのリンク先についても分析することが可能となった。

またログの外部転送に対応したほか、メールサーバで障害が発生した場合にメールを自動的に保存し、一時的にメールの送受信を継続できる。

1年あたりの参考価格は1000ライセンス購入の場合、1ライセンスあたり税抜きで3760円。

(Security NEXT - 2019/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK