Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性レポート機能の正式提供を開始 - GitHub

米GitHubは、同社プラットフォームにおいてパブリックリポジトリ上で脆弱性を開発者へ外部に公開することなくスムーズに報告できる新機能を提供開始した。

これまでパブリックベータ版として展開してきた「プライベート脆弱性レポート機能」を正式リリースしたもの。メンテナーは組織におけるすべてのリポジトリで利用できる。

同機能では、ドラフトプルリクエストによるコラボレーションチャネルをリポジトリ上で利用でき、脆弱性などを発見したセキュリティ研究者が、オープンソースのメンテナーと非公開のもとコミュニケーションを取ることができる。

フィッシングや報告を見落とすリスクがあるメールによるやり取りを避けつつ、GitHub上で必要な情報を入手できるとしている。

サードパーティの脆弱性管理システムへ、脆弱性レポートをパイプライン処理することができるほか、重要なリポジトリを監視する「脆弱性アラート」機能なども提供する。

パブリックベータ版は、3万以上のメンテナーが18万以上のリポジトリにおいて同機能を活用。1000件以上のフィードバックを得ており、すでに脆弱性の修正に活用されている。

(Security NEXT - 2023/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター