Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データ暗号化製品を名称変更 - ESET

キヤノンマーケティングジャパンは、法人向けのデータ暗号化製品「ESET Endpoint Encryption」を8月21日より提供開始する。

同製品は、データ暗号化ソフトの従来製品「DESlock Plus Pro」の新版。今回の発売にともない製品名称を刷新した。

同製品はディスクやリムーバブルメディア、フォルダ単位の暗号化などに対応した暗号化製品。管理用プログラムでは、Opalに準拠した暗号化機能を備えるドライブを搭載した端末に対応する。

(Security NEXT - 2019/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
ランサム「ZeroFucks」「LooCipher」の被害者向けに復号ツール
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析