Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「Conti」亜種に対応した復号ツールを公開 - カスペ

Kasperskyは、ランサムウェア「Conti」の亜種によって暗号化されたデータに対応する復号ツールの新バージョンをリリースした。

従来より同社が提供する復号ツール「RakhniDecryptor」の最新版となる「同1.40.0.00」をリリースしたもの。同社ウェブサイトより無料でダウンロードできる。

同社によると、2023年2月下旬にダークネットのフォーラムで公開されていた「Conti」亜種のデータを発見。解析したところ、258件の秘密鍵やソースコード、コンパイル済み復号ツールが含まれており、これらデータをもとに復号ツールをアップデートしたという。

「Conti」は、2020年ごろより悪用されているランサムウェア。ソースコードが流出し、それらデータをもとに、さまざまなグループによって改変されたランサムウェアが出回っている。

今回、秘密鍵の流出が確認された亜種も、2022年12月に企業や国家機関に対する複数の攻撃で使用されていた。一部被害者が身代金などを支払ったと見られる痕跡なども確認されたという。

(Security NEXT - 2023/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市