Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第三者がアプリでTポイントを不正利用 - PWリスト攻撃などの形跡見られず

スマートフォンアプリ上で表示される「モバイルTカード」を不正に利用し、本人以外の第三者によってポイントが不正に利用される被害が発生している。

Tポイント・ジャパンによると、第三者が本来のTカード保有者になりすましてスマートフォンアプリ上に表示される「モバイルTカード」を提携店舗に提示。Tポイントが不正に利用される被害が発生しているという。

7月27日に利用者より問い合わせがあり、調査を行ったところ不正利用が発覚した。7月末の時点でポイントの不正利用は87件、被害は約340万円分相当にのぼる。

アカウント情報を不正に利用され、ログインされると、ポイントが不正利用以外にも、ポイントの履歴より、利用ポイント数や利用店舗などを閲覧されるおそれもある。

(Security NEXT - 2019/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
不正アクセス受けた「宅ふぁいる便」が終了
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
不正ログイン被害、あらたに53件が判明 - 東北電力
東北電力の会員サービスに不正ログイン - ポイント交換被害も