Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件

DDoS攻撃に悪用されるおそれがある機器やサーバは、6月末の時点で、少なくとも国内に20万台弱存在するとの調査結果をA10ネットワークスが取りまとめた。

同社がDDoS攻撃の踏み台として認識しているIPアドレスについて、国内における件数を算出したもの。

具体的には、マルウェアに感染してボット化した端末と、「DNS」「NTP」「SNMP」「SSDP」などのプロトコルにおいて、リフレクション攻撃に悪用されるおそれがあるサーバについて調べ、IPアドレスの件数ベースで統計をまとめた。

6月末の時点でボットは962件。ワールドワイドの5万2953件に対して2%以下だった。

(Security NEXT - 2019/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

5月のDDoS攻撃、3割減 - 約40Gbps規模の攻撃も
4月はDDoS攻撃が1.6倍に、ただし規模は縮小傾向 - IIJ
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も
DDoS攻撃が前月比1割増、規模は縮小 - 4時間継続した攻撃も