Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害

過去1年間にセキュリティ被害に遭った企業は14.2%だった。1件あたりの被害額は、増加傾向にあるという。

IDC Japanが、国内企業829社について、セキュリティ対策の状況について4月に調査を実施、結果を取りまとめたもの。

過去1年間でセキュリティ被害に遭った企業は14.2%。前回調査とほぼ同水準だった。ランサムウェアの感染被害は前年より2ポイント減となる8%が被害を受けたと回答。過去に重大なセキュリティ被害に遭った企業は25.2%だった。

復旧や賠償金などにかかった費用は、「500万円未満」が37.3%で前回から1.8ポイント増加。「500〜1000万円以上」が15.8%で5.7ポイント増加した。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増
9月後半に多数のDDoS攻撃を観測 - IIJまとめ
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
8月のDDoS攻撃、前月比1割増 - IIJまとめ
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
7月のDDoS攻撃検知が1.5倍に、約76Gbpsの攻撃も
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強