Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月11日から「サイバーコロッセオ」がスタート - オリパラも向け模擬演習

東京オリンピック、パラリンピック大会のサイバーセキュリティ強化に向けて、模擬環境で実践的なサイバーセキュリティ演習を行う「サイバーコロッセオ」が6月11日よりスタートした。

同イベントは、東京オリンピック、パラリンピック大会関連組織のセキュリティ担当者が、大会開催時を想定した模擬環境で行う実践的なサイバーセキュリティ演習。情報通信研究機構(NICT)が主催しており、2019年度は事業を受託したNECが実施する。開催期間は、6月11日から2020年3月13日まで。

大会期間中に予想されるサイバー攻撃を想定した「コロッセオ演習」では、受講者の習熟度や業務にあわせて、「初級」「中級」「準上級」にわけた全7コースを用意。初級および中級コースでは、1日程度、準上級コースで2日程度の演習を実施する。

またサイバーセキュリティに関する最新の動向や情報を提供するスクール形式の講義「コロッセオカレッジ」では、20科目より選択して受講するという。

(Security NEXT - 2019/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大学生向けにRSAのCTF型セキュリティ演習を提供 - デルら
金融分野のセキュリティレポートを公開 - 金融庁
制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT