Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あらたなセキュリティ認定資格のトレーニングを提供 - CompTIA

CompTIA日本支局は、セキュリティ実務者向け認定資格を取得するためのあらたなトレーニングを、6月より提供開始すると発表した。

従来の「CompTIA Security+」にくわえ、あらたにサイバーセキュリティの実務者向けの認定資格である「CASP+」「CompTIA PenTest+」「CompTIA CySA+」の習得に向けたトレーニングを国内で展開するもの。国内パートナーのTop Out Human Capitalがほかに先駆けて講座を開設した。

「CASP+」は、セキュリティ実務者向けの最上位の認定資格。企業におけるセキュリティやリスクマネジメントなど、10年程度の実務経験を評価する。

「CompTIA PenTest+」は、ペネトレーションテストや脆弱性評価のスキルを育成。組織のセキュリティ状況を把握し、改善策の提案する上で必要となる知識を育成する。

「CompTIA CySA+」は、セキュリティの分析と分析結果から改善策を実行するうえで必要となる知識やスキルなどを学習する。

各トレーニングには、実践的な演習も含まれる。Top Out Human Capitalでは、関連するオープンコースを9月以降順次開講する予定。

(Security NEXT - 2019/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3年かけてセキュ人材育成、未経験からスタート - KDDIら
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用