Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティがテーマのコミック配信企画、シーズン2が始動

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、セキュリティをテーマとしたマンガを制作、発信する『みんなの「サイバーセ キュリティコミック」』の「シーズン2」を実施すると発表した。テーマへの投票を受け付けている。

同企画は、マンガを通じて発信したいセキュリティのテーマを広く募集した投票で決定し、プロの漫画家が作品を製作。Twitterを通じて配信するもの。

作品を通じて、セキュリティに関する知識の普及やネットリテラシーの向上、セキュリティに寄与するハッカーのイメージアップ、セキュリティ人材の育成促進などを目指している。2020年に「シーズン1」を配信し、現在も全8話を読むことができる。

マンガの原作は、コンシューマゲームやスマホゲーム、ドラマCDなどのシナリオを手がける大島悠氏、作画は「転生令嬢のブライダルプランは少々破天荒につき」を配信している花園あずき氏が担当。2021年9月中旬より配信を開始する予定。

テーマへの投票は6月7日まで受け付けている。投票は同企画のページから。

(Security NEXT - 2021/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個情委がTVアニメ「進撃の巨人」とコラボ - 名簿流出防止を呼びかけ
ネット偽情報対策の取り組みに関する意見を募集 - 総務省
「サイバーセキュリティ月間2024」がスタート - 「全員参加」を呼びかけ
「EMV 3-D」の導入ロードマップ策定 - 不正顕著な加盟店は即時導入着手
メタバース内に「警視庁サイバーセキュリティセンター」を開設
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2023」を公表 - 総務省
政府が「サイバーセキュリティ2023」を決定 - SBOMを推進、国内製センサーの導入も
地方金融機関の7割、セキュリティリスクを評価できる人材が不足
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞を発表 - 早大教授の森達哉氏ら受賞
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も