Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - 新潟県立大

新潟県立大学は、教職員が利用するメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メールを送信するための踏み台に悪用されたことを明らかにした。

同大によれば、教職員1人のメールアカウントが不正アクセスを受け、5月19日夜から20日午前にかけて、同アカウントから学外へ迷惑メール約1万件が送信されたという。

同大では、不正アクセスの判明を受けてアカウントのパスワードを変更。原因や経緯、同アカウントで送受信されたメールに関する情報漏洩の有無など調査を進めている。

また同大のメールシステムは、学外のクラウドサービスを利用していると説明。メール以外の情報システムに対する不正アクセスは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2019/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - JEMIC
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大
福岡市の関連サイトに不正アクセス - 迷惑メール送信の踏み台に
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
元教員メルアカがフィッシングの踏み台に - 札幌医科大
消防団のメールが乗っ取り被害、スパムを送信 - 高岡市
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
オープンリレー状態でスパム送信の踏み台に - 富山市教委
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中