Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

75%がAI活用セキュリティツールを導入検討、一方利用者6割は「導入の意味知らず」

企業のIT幹部の75%が、2019年にAIや機械学習を活用したセキュリティツールの導入を検討している一方、70%がAIや機械学習に「抵抗を感じる」と考えていることがわかった。

ウェブルートが、2018年11月26日から12月5日にかけてインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。企業の情報システム部の幹部200人が回答した。

2019年にAIや機械学習を活用したセキュリティツール導入の増加を検討している企業は75%。こうしたセキュリティツールを利用することで組織の安全性が向上すると82%が考えているという。また60%は、セキュリティツールの導入検討時、AIや機械学習を活用しているかどうかを重視すると答えた。

一方、AIや機械学習を活用したツールを利用してはいるものの、どのような意味を持つか「よくわからない」と答えた割合は61%と半数を超え、さらに70%は機械学習に対して少なからず抵抗を感じると回答している。

(Security NEXT - 2019/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など