Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始

NECは、クレジットカードと連動した顔認証決済サービスの実証実験を、同社の福利厚生施設において4月19日まで実施する。

同実証実験は、同社の顔認証エンジン「NeoFace」を活用。同社グループ社員を対象にキャッシュレス決済サービスを提供するもの。

利用者の顔を事前に撮影、登録し、システム上でクレジットカード情報と紐付け。支払い時、レジカウンターに設置したカメラで撮影した顔画像と、事前に登録した顔画像を照合して本人であるか認証し、クレジットカードによる決済を行う。利用者はクレジットカードの提示も不要だとしている。

同社では、同実証実験の成果を生かし、従来から提供している決済ソリューション「マルチサービスゲートウェイ」のオプション機能として、顔認証決済サービスを2019年内に提供開始する予定としている。

(Security NEXT - 2019/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化