Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性の影響を可視化できるOSS「Vuls」を解説 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、効率的な脆弱性対策に活用できるとして、ソフトウェア「Vuls」について解説した資料「脆弱性対策の効果的な進め方 ツール活用編」を公開した。また初心者向けに提供している「同実践編」の第2版をあらたにリリースしている。

「Vuls」は、「MyJVN」をはじめとする各種脆弱性データベースの情報を導入済みのソフトウェアと関連付けることで、利用環境における脆弱性の検知、可視化が行えるソフトウェア。GitHubを通じて2016年より公開されている。

「Linux」や「FreeBSD」に対応しており、影響を受ける脆弱性のみ自動的に検知し、メールなどを用いてアラートを送信することが可能。パッケージに依存しないソフトであっても、「CPE(Common Platform Enumeration)」に登録されたソフトウェアであれば、フレームワークやライブラリ、ミドルウェアについても検知が行える。

同資料では、脆弱性情報の収集工程などを短縮できるとして、同ツールを用いた脆弱性対策の手順をシステム管理者向けに解説。脆弱性の取り巻く環境を示した上で、同ツールのインストールや情報の収集方法などを説明している。

20190225_ip_001.jpg
脆弱性対策の作業フロー。情報収集において「Vuls」が活用できる(図:IPA)

(Security NEXT - 2019/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
IPA、サイトのセキュリティ対策20カ条を解説 - CLも公開
カードセキュリティの実行計画2019年版 - 非保持でも対策の必要性言及
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2018年4Q「JVN iPedia」登録は3560件 - OS関連が上位半数以上