Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性の影響を可視化できるOSS「Vuls」を解説 - IPA

同ツールの具体的な効果としては、検証環境として用意した約370件のソフトウェアがインストールされたLinuxサーバの場合、数分で脆弱性対策情報の有無を抽出できたとしている。

同機構では、セキュリティ対策初心者向けの資料「脆弱性対策の効率的な進め方 実践編」の第2版もあわせて公開した。統計情報、事例、参考情報など更新したという。

20190225_ip_002.jpg
「脆弱性対策の効果的な進め方 ツール活用編」の目次'(一部)

(Security NEXT - 2019/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
CSIRTの倫理規範「EthicsfIRST」の日本語版を公開 - JPCERT/CC
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表