Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増

中堅企業において、いわゆる「ひとり情シス」「ゼロ情シス」が占める割合が1年で7ポイント増加したという。

デルが国内の従業員100人以上、1000人未満の中堅企業約800社を対象に、2018年12月から2019年1月にかけて調査を実施、結果を取りまとめた。

調査によれば、情報システム担当者が1名以下の企業は約38%。前年調査の31%から7ポイント上昇した。また情報システム要員の離職率は21%だった。

担当者が1人のみのいわゆる「ひとり情シス」は全体の18.8%、前年の14%から4.8ポイントの増加。さらに情報システムの専任者がいない「ゼロ情シス」は18.8%で、前年の17%から微増した。

(Security NEXT - 2019/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
メールで複数従業員がマルウェア感染、サーバより秘密鍵が盗難 - コインチェック
拘束力持つセキュリティ規則と基準を要請 - 8社が共同憲章に署名