Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2021」基調講演にデジタル庁CISOの坂明氏 - 会場限定セッションも

CODE BLUE実行委員会は、10月に開催を予定している「CODE BLUE 2021」のタイムテーブルや、基調講演、会場のみ聴講できるクローズドセッションの登壇者などを発表した。

同イベントでは、すでにAlana Maurushat氏による基調講演を含む13講演を明らかにしているが、2日目の基調講演に、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会でCISOや、9月に発足したデジタル庁のCISOを務める坂明氏を招聘することを明らかにした。テーマは調整中としている。

また2日目には、オンライン配信を行わず、会場限定となるクローズドセッションを開催する。登大遊氏と鵜飼裕司氏による対談を予定しており、モデレーターを新井悠氏が務める。

あわせて会場における感染症防止対策なども公開。陰性結果証明書の提示が必要で、参加者に抗原検査キットを送付するため事前登録の締切日程が変更となっており、注意が必要。同イベントの詳細はウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
「セキュリティプレゼンターカンファレンス」をハイブリッド開催 - IPA
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定