Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増

情報システム担当者がIT部門以外に所属している「兼任型情シス」は、中堅企業全体の56.6%。従業員が100人から200人未満に限ると69.4%と割合が高まる。

直近3年間にセキュリティ関係の事故を経験したケースは35.7%。前年調査の30.2%から5.5ポイント増加した。ユーザーのガバナンスに起因するインシデントの増加が目立ったという。

(Security NEXT - 2019/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経営陣向けにセキュリティ経営の支援メニュー - ニュートン
経験者の派遣にも対応したCISO支援サービス - GRCS
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
中小企業のCISOやセキュリティ担当者を支援する資料 - JNSA
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」実践に向けたプラクティス集を公開
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞