Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準

2019年1月におけるフィッシング攻撃の状況は、前月からやや改善を見せた。ただし高水準に変わりはなく、悪用されるブランドも増加しており、引き続き警戒が必要だ。

フィッシング対策協議会によれば、2019年1月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は1713件。前月から9.1%減とやや改善している。

前月は悪用されたURLの件数が過去最多となったが、年明け最初の1カ月は前月比16.4%減となる1052件とやや落ち着きを見せた。

ただし、2018年11月以降、1000件の大台を超える高い水準で推移していることに変わりはなく、引き続き注意が必要だ。セキュリティ製品による検知の回避を狙ってか、攻撃者はURLを次々に変化させており、URL件数の増加にもつながっている。

(Security NEXT - 2019/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
3カ月連続でフィッシング報告が増加 - URL件数は過去最悪
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用