Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準

2019年1月におけるフィッシング攻撃の状況は、前月からやや改善を見せた。ただし高水準に変わりはなく、悪用されるブランドも増加しており、引き続き警戒が必要だ。

フィッシング対策協議会によれば、2019年1月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は1713件。前月から9.1%減とやや改善している。

前月は悪用されたURLの件数が過去最多となったが、年明け最初の1カ月は前月比16.4%減となる1052件とやや落ち着きを見せた。

ただし、2018年11月以降、1000件の大台を超える高い水準で推移していることに変わりはなく、引き続き注意が必要だ。セキュリティ製品による検知の回避を狙ってか、攻撃者はURLを次々に変化させており、URL件数の増加にもつながっている。

(Security NEXT - 2019/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中