Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準

一方、悪用されるブランドの件数がじりじりと増加。2017年7月に記録した最高値の41件に近づきつつある。同協議会では、特に偽装被害が目立つブランドとして前月同様「Apple」「Amazon」を挙げている。

正規に送信されたメールの文面を悪用するフィッシングメールも報告されており、文面だけでは正規のメールとフィッシングメールの見分けが付かないケースもあると指摘。

心当たりがない内容や、アカウント情報やクレジットカード情報などの更新を促すメールを受け取った場合は、過去の事例をチェックするなど、慎重に対応するよう求めている。

20190207_ap_001.jpg
フィッシングの報告数およびURLの推移(グラフ:フィ対協)

(Security NEXT - 2019/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」