Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け

「Linux」が稼働する端末を狙った新種のトロイの木馬が確認された。既知の脆弱性を悪用して感染を拡大するが、2月4日の時点で、多くのセキュリティ製品では検知できない状態だったという。

脆弱性を悪用し、感染するバックドアの攻撃キャンペーンをCheck Point Software Technologiesが確認したもの。問題のバックドアは、「AWS(Amazon Web Services)」をはじめ、クラウド上でホストされた「Linux」を標的としており、通信先のコマンド&コントロールサーバのドメインから「SpeakUp」と名付けられている。

同マルウェアは、中国やインド、東南アジア、南米のサーバを標的に展開されており、1月9日に最初のサンプルがVirusTotalへ送信されている。同社でも同月14日に中国でサンプルを捕捉しているが、2月4日の時点で、VirusTotal上ではいずれのセキュリティ製品でも検知できない状態だったという。

「Linux」以外にも「macOS」へ感染するおそれもあると同社は指摘。マルウェアの作者は特定されていないが、マルウェア開発者「Zettabit」と共通の特徴も見られた。

20190206_cp_001.jpg
「SpeakUp」が確認された地域(図:Check Point)

(Security NEXT - 2019/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
「runc」に脆弱性、コンテナからホスト管理者権限でコード実行されるおそれ
「McAfee DXL」に複数の脆弱性 - サービス拒否や情報漏洩のおそれ
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
「Chrome 72」が公開、セキュリティに関する修正は58件
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
2018年4Q「JVN iPedia」登録は3560件 - OS関連が上位半数以上
Linuxのパッケージ管理ツール「apt」に脆弱性 - 不正プログラム実行のおそれ
Linuxの「systemd」に複数脆弱性 - アップデートを
ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル