Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年の国内セキュリティソフト市場、前年比3%増見込み

特にSaaS型セキュリティ対策ソフトウェア市場は、クラウドにおけるセキュリティ対策へのニーズの高まりを受け、2017年の256億円から2022年には497億円に拡大。14.2%と高成長を維持するという。アプライアンス製品市場は、2017年の533億円から2022年には614億円に拡大し、平均成長率を2.9%とした。

一方、セキュリティサービス市場を見ると、2018年の市場規模は7924億円で前年比4.5%増と予測。

今後、オンプレミスとクラウドが混在するハイブリッド環境でITシステムが運用されるケースが増えると見ており、クラウド環境でのセキュリティ対策への需要が高まると予測。2017年から2022年の年間平均成長率は5.1%と堅調に推移し、2017年の7581億円から2022年には9714億円に拡大すると分析している。

(Security NEXT - 2019/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、セキュ製品有効性検証の課題抽出で協力製品募集
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
IoT製品市場における日本シェアは24%、世界トップ