Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を

こうした状況を受け、マイクロソフトでは移行支援策をパートナーとともに展開。さらに移行がまにあわない組織に対しては、2023年1月までセキュリティ更新を提供する3年間の「延長セキュリティ更新プログラム(ESU)」を発表している。

「Windows 7 ESU」 の対象は、「Windows 7 Professional」「Windows 7 Enterprise」のボリュームライセンスで、デバイス単位で販売される。1年ごとにライセンス料金が上昇するとしているが、顧客の要望に応じて紹介するプログラムとの位置づけで、「料金などの詳細は非公表。目安なども提示できない(同社広報)」という。

「ESU」について、同社は「あくまで選択肢のひとつ」としており、最新製品への移行を推奨する立場に変わりはない。同プログラムを利用した場合も2023年には移行が完了してなくてはならず、移行期間中の追加コストも発生することを考えると、同プログラムがあるからといって楽観視せず、移行計画の検討を早めに開始した方が良いだろう。

一方「Windows Server 2008」に関しては、1年あたり、「Windows Server 2019」のライセンスフィーにおける75%の料金でサポートを提供することを明らかにしている。サポート料金が毎年発生するため注意が必要だ。

ただし、「Windows Server 2008」のワークロードを「Azure」上で再ホストする場合、同プログラムを無料で提供する支援策を同社では用意している。これを機に「Azure」への移行を推し進めたい考えだ。

(Security NEXT - 2019/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Spectre」に新亜種、「SWAPGS攻撃」受けるおそれ - MSは7月に対処済み
Wind Riverが提供するRTOSに複数の脆弱性
「OpenSSL」のWindows版に脆弱性 - 重要度「低」とし更新は未提供
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定