Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月のMS月例パッチで修正された脆弱性が攻撃の標的に - 米当局が注意喚起

マイクロソフトが4月の月例セキュリティ更新で修正した「SmartScreenプロンプト」の脆弱性「CVE-2024-29988」がサイバー攻撃の標的となっている。他脆弱性と組み合わせて悪用されているとして、米当局が注意を呼びかけた。

「CVE-2024-29988」は、「SmartScreenプロンプト」に明らかとなった脆弱性。インターネットからダウンロードしたファイルに付与され、ファイルを開く際に信頼できるか判断するために使用される「Mark of the Web(MotW)」機能のバイパスが可能となる。

悪用にあたっては、細工したファイルを開かせる必要があり、重要度は4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.8」と評価されている。2024年4月の月例セキュリティ更新で修正された

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は現地時間4月30日、既知の他脆弱性と組み合わせ悪用されているとして、同脆弱性を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ追加し、注意を呼びかけた。

ファイルの圧縮や解凍などに用いられるアーカイバ「WinRAR」において任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2023-38831」や、「Windows」の「インターネットショートカットファイル」の処理に明らかとなった「CVE-2024-21412」とともに悪用されているという。

(Security NEXT - 2024/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

BitDefenderのセキュリティ製品に脆弱性 - アップデートを提供
Arm製「Mali GPUカーネルドライバ」の旧版に脆弱性 - 悪用も
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も
「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース
【特別企画】都が中小企業のセキュリティ対応力強化を支援 - 検知や復旧体制の構築をサポート
ニコニコ動画にサイバー攻撃 - サービスを一時停止
2023年の悪質ECサイト通報件数、前年比1.6倍 - JC3レポート
先週注目された記事(2024年6月2日〜2024年6月8日)
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
委託先でランサム感染、被害ネットワーク内に個人情報 - 徳島県