Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を

今後、サポートの終了時期が近くなるにつれ、駆け込み需要が増加するため注意が必要だ。2019年は5月に改元も控えており、余裕を持った対応が求められる。

2014年にサポートが終了した「Windows XP」では、移行にまにあわないケースが一部で発生。さらにサポート終了直後には重大な脆弱性が見つかり、急遽例外的にセキュリティ更新が提供されるといった事態も発生した。

なお、「Windows 7」「Windows Server 2008」だけでなく、2020年10月13日には、「Office 2010」についてもサポートの終了を控えている。利用している場合は、あわせて移行を検討する必要があるだろう。

(Security NEXT - 2019/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
Mozilla、ブラウザ最新版「Firefox 92」をリリース - 脆弱性6件を修正
「ArubaOS」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
小規模環境向けの一部Cisco製VPNルータに脆弱性 - EOLで修正予定なし
「OpenSSL 1.1.1l」が公開 - 2件の脆弱性を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「SonicWall」の旧製品に差し迫るランサムウェアの危機
ブラウザ最新版「Firefox 90」がリリース - 脆弱性9件を解消
Philipsの医療用画像管理システムに深刻な脆弱性
エレコム製のルータ14製品に脆弱性 - アップデート提供予定なく移行を