Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プラネックス製無線LANルータ「MZK-MF300N」に脆弱性 - 使用中止を

プラネックスコミュニケーションズ製の無線LANルータ「MZK-MF300N」に複数の脆弱性が明らかとなった。すでにサポートが終了しており、使用の中止が呼びかけられている。

同製品において、特定ポートに対して細工したリクエストを送信することで任意のコマンドを実行することが可能となるコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2024-30220」が判明したもの。

さらに管理画面にログイン後、デバッグ機能を利用して任意の操作を行うことができる「CVE-2024-30219」が明らかとなった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「CVE-2024-30220」が「8.8」、「CVE-2024-30219」が「6.8」と評価されている。

同脆弱性は、ゼロゼロワンの早川宙也氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告した。すでにサポートを終了しており、これら脆弱性を修正するアップデートの提供予定はなく、製品の利用を中止するよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2024/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - アップデートの実施を
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
「Trend Micro Apex One」に7件の脆弱性 - アップデートで修正
機械学習ライブラリ「PyTorch」の分散RPCフレームワークに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処したGPUのアップデートをリリース - NVIDIA
BitDefenderのセキュリティ製品に脆弱性 - アップデートを提供
Arm製「Mali GPUカーネルドライバ」の旧版に脆弱性 - 悪用も
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も
「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース