Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正

Mozilla Foundationは現地時間4月16日、ブラウザの最新版となる「Firefox 125.0.1」をリリースした。複数の脆弱性を解消している。

今回のアップデートでは、「AV1コーデック」をサポートしたほか、「PDFビューア」においてテキストの強調表示に対応するなど機能強化を実施している。

さらに脆弱性15件を修正。重要度を見ると4段階中、もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性が9件だった。

解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2024-3853」「CVE-2024-3856」「CVE-2024-3857」などに対応。域外メモリの読み込み「CVE-2024-3853」「CVE-2024-3855」の修正なども行っている。

さらに「中(Moderate)」とされる5件、「低(Low)」の1件に対応した。あわせて延長サポート版「Firefox ESR 115.10」を提供しており、9件の脆弱性を解消している。

「Firefox 125」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2024-3302
CVE-2024-3852
CVE-2024-3853
CVE-2024-3854
CVE-2024-3855
CVE-2024-3856
CVE-2024-3857
CVE-2024-3858
CVE-2024-3859
CVE-2024-3860
CVE-2024-3861
CVE-2024-3862
CVE-2024-3863
CVE-2024-3864
CVE-2024-3865

(Security NEXT - 2024/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース