Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年秋期情報セキュマネ試験、合格率5割切る - 開始以降はじめて

情報処理推進機構(IPA)は、10月21日に実施した2018年度秋期情報処理技術者試験における「情報セキュリティマネジメント試験」「基本情報技術者試験」の合格者を発表した。

情報セキュリティマネジメント試験は、おもに組織内における情報システム担当者や個人情報の取扱担当者などを対象とした国家試験。情報セキュリティマネジメントで求められる基本的な知識やスキルを問うもので、2016年春期より実施されている。共通キャリア・スキルフレームワーク(CCSF)はレベル2相当。

同試験の2018年秋期における応募者数は1万9692人。受験者数は1万5579人で合格者数は7220人だった。合格率は46.3%で、前回試験の53.7%を7.4ポイント下回っている。受験者および合格者の平均年齢はいずれも36.8歳。

同試験における合格率の推移を見ると、2016年春期に実施された初回試験では88.0%を記録したが、以降減少傾向が続き、今回開始以降はじめて5割を切った。

(Security NEXT - 2018/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「情報処理安全確保支援士」に2206人が新規登録 - 経過措置対象者が6割強
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
2017年秋期セキュマネ試験、合格率は50.4% - 非IT系企業がIT系企業上回る