Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年上期情報セキュマネ試験、合格率は61.2% - 最年長合格者記録を更新

情報処理推進機構(IPA)は、2022年度上期に実施した情報セキュリティマネジメント試験の合格者を発表した。

情報セキュリティマネジメント試験は、おもに組織内における情報システム担当者や個人情報の取扱担当者などを対象とした国家試験。情報セキュリティマネジメントで求められる基本的な知識やスキルを問うもので、2016年春期より実施されている。

2022年度上期は6月に実施。1万4249人が応募し、1万3129人が受験した。合格者数は8032人で合格率は61.2%。今回82歳の受験者が合格し、これまで最年長だった78歳を約3年ぶりに更新した。

(Security NEXT - 2022/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ