Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援

ソフトウェア協会は、地方公共団体や病院などをセキュリティ面より無償で支援する「サイバーセキュリティボランティア制度」を創設し、運用を開始する。

同制度は、同協会傘下のSoftware ISACが、人材やノウハウが不足する病院や地方公共団体といった中小公益団体のセキュリティ対策を支援するもの。

具体的には、サイバー攻撃に対する初動体制についての助言や、実績のあるセキュリティ調査会社の紹介、調査結果に基づく防御対策、制度改革などをサポートする。

同協会では、3月にランサムウェア被害を受けた徳島県つるぎ町立半田病院へ試験的にボランティア3名を派遣。有識者会議において調査報告書の策定を支援するなどノウハウを得たことから、本格的な支援制度を立ち上げたという。

今後は同制度に賛同する企業より資金援助を受け、全国のセキュリティ専門家の公募をはじめ、知見の集約を進めるとともに、被害に遭った団体との意見交換を行うなど、具体的なサイバーセキュリティに対するノウハウを持つコミュニティを目指すとしている。

(Security NEXT - 2022/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
「セキュリティお助け隊サービス」の登録申請を受付 - IPA
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都
セキュキャン全国大会、週明け11日より募集開始
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
中国IPアドレスからの攻撃がウクライナ侵攻後に大幅増
都内中小企業向けに特別相談窓口を開設 - サイバー攻撃リスクの増大受けて