Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正

コンテンツマネジメントシステム(CMS)「WordPress」向けに提供されているプラグイン「AMP for WP」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。最新のアップデートで修正されている。

同ソフトウェアは、「WordPress」においてモバイル端末向けのページ表示を高速化する「AMP(Accelerated Mobile Pages)」の機能を追加することができるプラグイン。

本来権限をもたない登録ユーザーが直接関数を呼び出し、直接「Ajax」のフックを登録できる脆弱性が明らかとなったもの。WebARXのセキュリティ研究者が指摘した。実証コード(PoC)も公開されている。

脆弱性を悪用することでサイト上へ任意のJavaScriptを追加し、広告や仮想通貨をマイニングするスクリプトなどが埋め込まれるおそれがあるという。開発者は脆弱性を修正。10月29日にリリースした「同0.9.97.20」にて対処している。

(Security NEXT - 2018/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数脆弱性を解消した「WordPress 5.2.3」がリリース
eコマースやRSSなどWordPress向けプラグイン2種に脆弱性
WP向け動画埋め込みプラグインに脆弱性
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
ウェブ訪問者とのチャットや追跡機能を提供するWP向けプラグインに脆弱性
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正