Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調

米サイバー軍(USCYBERCOM)は、Google参加のマルウェア検査サービスである「VirusTotal」へマルウェアのサンプルをアップロードしたことを明らかにした。

同軍によれば、公共セクターとの共助における重要性を認め、世界的にも影響を及ぼすと見られる未分類のマルウェアサンプルについて情報共有を進めるという。

具体的には同軍所属のサイバー国家作戦部隊(CNMF)より提供し、最初のマルウェアの2検体をアップロード。同部隊のアカウントも公表しており、提供状況を確認することもできる。

今回アップロードされたファイルに関しては、「APT28」「Pawn Storm」「Sofacy Group」「Sednit」「STRONTIUM」といった別名でも知られるロシアの攻撃グループ「FancyBear」が使用したマルウェア「Lojack」との関連について、研究者より指摘の声が上がっている。

(Security NEXT - 2018/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」