Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展

1月初旬以降、「Ivanti Connect Secure(旧Pulse Connect Secure)」「Ivanti Policy Secure」において複数の脆弱性が判明し、攻撃に悪用されている問題で、当初限定的な攻撃で悪用されていたが、その後多様な攻撃へと進化している。

Ivantiでは、これまでにゼロデイ脆弱性4件を含む5件の脆弱性を公表。回避策やアップデートをリリースしているが、JPCERTコーディネーションセンターでは、これら脆弱性の悪用の状況などを取りまとめた。

脆弱性4件「CVE-2023-46805」「CVE-2024-21887」「CVE-2024-21888」「CVE-2024-21893」は、ゼロデイ攻撃の対象となり、当初悪用は限定的とされていたが、その後実証コード(PoC)が公開されている。

「CVE-2023-46805」「CVE-2024-21887」については1月中旬、「CVE-2024-21888」「CVE-2024-21893」については2月初旬より多様な攻撃に悪用されているとの報告がある。

また2月8日に公開された「CVE-2024-22024」については、2月16日の時点で悪用は確認されていないものの、2月9日に実証コードが公開された。

同センターでは、Ivantiのアドバイザリをもとに対象製品、バージョン、対策、調査方法などの最新情報を確認し、対策を講じたり調査の実施を検討するよう呼びかけている。

20240216_jp_001.jpg
1月初旬以降に「Ivanti Connect Secure(旧Pulse Connect Secure)」「Ivanti Policy Secure」で明らかとなった脆弱性の状況(表:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2024/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場