Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口

日本気象協会は、天気予報サイト「tenki.jp」のなりすましメールが多数確認されているとして、注意を呼びかけている。

問題のメールは、日本気象協会や「tenki.jp」からの気象変化に関する緊急の通知を装ったもので、詳細な情報を確認できるなどとだまし、記載したURLや添付ファイルを開かせようとしていた。

「台風は最悪のコースへ。今後の動向にご注意下さい」「この先24時間でお住まいの地域が冠水する危険性があります。ご注意ください」など、災害に対する不安を煽る内容だった。

同協会では、同サービスにおいて個人利用者のメールアドレスは保有しておらず、メールによる案内が行われることはないと説明。同協会をかたるメールを受信した場合は、開封せず破棄するよう求めた。

また、見知らぬアカウントでSNSに投稿された災害情報についても、記載されているURLをクリックしないようあわせて注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2018/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「Abema TV」に注意 - 個人情報詐取や出演依頼偽装した脅迫など発生
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
悪質な「注文確認メール」を送りつける偽楽天に注意を - 情報盗む上にマルウェア感染
「Officeのプロダクトキーで不審な動き」と不安を煽るフィッシング
検察庁職員をかたる詐欺 - 電話で偽サイトに誘導して情報詐取
「全国銀行個人信用情報センター」装う偽サイトに注意 - 「自宅に直接伺う」との記載も
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
メールの「荷物問い合わせサービス」リンクにワナ - 佐川急便が注意喚起