Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口

日本気象協会は、天気予報サイト「tenki.jp」のなりすましメールが多数確認されているとして、注意を呼びかけている。

問題のメールは、日本気象協会や「tenki.jp」からの気象変化に関する緊急の通知を装ったもので、詳細な情報を確認できるなどとだまし、記載したURLや添付ファイルを開かせようとしていた。

「台風は最悪のコースへ。今後の動向にご注意下さい」「この先24時間でお住まいの地域が冠水する危険性があります。ご注意ください」など、災害に対する不安を煽る内容だった。

同協会では、同サービスにおいて個人利用者のメールアドレスは保有しておらず、メールによる案内が行われることはないと説明。同協会をかたるメールを受信した場合は、開封せず破棄するよう求めた。

また、見知らぬアカウントでSNSに投稿された災害情報についても、記載されているURLをクリックしないようあわせて注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2018/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
偽NTTドコモのSMSに注意 - 公式と同じスレッドに表示される可能性も
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
正規やりとりに割り込むBEC - 盗聴により絶妙タイミングで振込先変更依頼
セキュリティ製品の警告画面と思いきや単なるウェブコンテンツ - 古典的な詐欺に注意を
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
ベースボール・マガジン社になりすます詐欺サイトに注意
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を