Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口

日本気象協会は、天気予報サイト「tenki.jp」のなりすましメールが多数確認されているとして、注意を呼びかけている。

問題のメールは、日本気象協会や「tenki.jp」からの気象変化に関する緊急の通知を装ったもので、詳細な情報を確認できるなどとだまし、記載したURLや添付ファイルを開かせようとしていた。

「台風は最悪のコースへ。今後の動向にご注意下さい」「この先24時間でお住まいの地域が冠水する危険性があります。ご注意ください」など、災害に対する不安を煽る内容だった。

同協会では、同サービスにおいて個人利用者のメールアドレスは保有しておらず、メールによる案内が行われることはないと説明。同協会をかたるメールを受信した場合は、開封せず破棄するよう求めた。

また、見知らぬアカウントでSNSに投稿された災害情報についても、記載されているURLをクリックしないようあわせて注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2018/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
千葉県のなりすましメール出回る - Emotet感染は確認されず
偽求人情報で個人情報を収集する手口 - 証明書写しなども要求
実在する法律事務所や弁護士の「なりすましメール」に注意
「現金プレゼント」などと誘導、寺院のなりすましメール
偽ヤマダ電機の詐欺メールに注意 - 「iPhone 11 Pro Max当選」と誘導
「Emotet」国内被害、10月後半より増加 - 過去やりとり踏まえた「なりすましメール」で拡大
出光クレジットの通販サイト装うなりすましメールに注意