Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃で日本赤十字社のメアドになりすまし

日本赤十字社は、送信元として同社メールアドレスを用いた「なりすましメール」が確認されているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、問題のメールは差出人として実在する同社のメールアドレスを表示し、同社から送信されたメールであるように見せかけていた。

「ETC利用照会サービス」を装うフィッシングメールで、メール件名や本文では同社の事業とまったく関係ない内容が記載されていた。

同社ではメールを受け取った場合は、メール本文のURLをクリックせず、メールごと削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を