Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市

静岡県島田市は、複数の職員が使用を禁止されているフリーメールを業務で使用したうえ、不正アクセスを受けて個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同市によれば、同市農林課の複数職員によって利用していたフリーメールが不正アクセスを受けたもの。

2015年10月にアカウントを取得しており、スキャナやカードリーダーで取り込んだ文書や写真などを課内へ送信するため、過去3年間にわたり利用していたという。

職員が9月18日に不正アクセスの警告メールで被害に気が付いたもので、30日分のログより日本や米国、中国、台湾から不正アクセスを受けていたことがわかった。

(Security NEXT - 2018/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特定健診の名簿紛失で職員を処分 - 五島市
業務外で個人情報を保有、市職員を処分 - 阿波市
教員が都システムから収集したメアド宛にセミナー案内 - 明海大
取材内容や記者個人情報をファックスで誤送信 - 上野動物園
分科会委員へのメールで送信ミス - 港区
退勤直後の深夜コンビニで児童情報など盗難被害 - 京丹後市
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
小学校で児童の個人情報含む書類が所在不明 - 大阪市
個人情報含む申請書類が所在不明 - 名古屋市
中学校保健室で生徒連絡票が所在不明 - さいたま市