Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市

静岡県島田市は、複数の職員が使用を禁止されているフリーメールを業務で使用したうえ、不正アクセスを受けて個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同市によれば、同市農林課の複数職員によって利用していたフリーメールが不正アクセスを受けたもの。

2015年10月にアカウントを取得しており、スキャナやカードリーダーで取り込んだ文書や写真などを課内へ送信するため、過去3年間にわたり利用していたという。

職員が9月18日に不正アクセスの警告メールで被害に気が付いたもので、30日分のログより日本や米国、中国、台湾から不正アクセスを受けていたことがわかった。

(Security NEXT - 2018/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報を不正取得、住民に押しかけた職員を懲戒免職 - 高崎市
メール誤送信で職員採用試験受験者のメアド流出 - 防衛省
小学校で児童の学力調査票を紛失 - 熊本市
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
教員や学生の「Office 365」アカウントが乗っ取り被害 - 東京理科大
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市